短い距離で高崎の出会いを成功させたいと本当に思います

△2シルバーエース。騎手も心配で、マンデラの祖先、つまりワールドエースが高崎の出会いに面しているようです。私も権利が欲しいです。

△5ファルコニア。短い距離ですが、デムロの騎手が怖いです。

トリプルコンパウンド
8,9-3,4,8,9-2,3,4,5

阪神グランプリ自信がないので、高崎の出会いを打ってゼロくらいにしたいです。
今日のわかばステークス(競馬)

相席の街・高崎でその他の出会いの方法も検証してみました


5億8,000万台の高級馬であるアドミアビルゴは、1.58.6の良い時計を手にしました。正直、前戦の新戦が優勝したけど微妙だったので大したことはないと思いましたが今日は本当に強かったです。サツキ賞(不明確か)でも勝負のレベルにあると思います。武豊はこの馬を選ぶべきか、マイ・ラプソディを選ぶべきかについて、本当に混乱しています。
武豊はアドミア・ビルゴを買収した故近藤利和が所有する馬で数々のビッグタイトルを獲得したが、香港でのアドミア・ムーンの敗北とは別れたため、彼は完全に関係を壊し、馬に乗ることはなかった。しかし、死にかけようとしている近藤さんは、一時的な感情で壊れていた関係を後悔しているようです。武豊はまた、香港周辺で深刻な怪我に苦しんでいた。キズナでダービーを獲得するまでは本当に引退するつもりだった。しかし、不屈の精神でよみがえった武豊は、一人一人のライディングの高崎の出会いを大切にしているようです。
一方、キーファー松島と武豊は密接な関係にあり、ハネムーンといわれ、マイラプソディは最大の馬と呼ばれる特別な馬です。松島氏は武豊至上主義を公言したが、武豊が断れば納得する……。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です