今秋からホルトヨガの真髄を伝えるアドバンスプログラム「HARA-GENICS」コースを開講します!

コース名:HARA―GENICS(ハラ・ジェニックス)

概要:今や世界的となった「ヨガ」の療法を実践するYogi/Yoginiたちの共通用語となった“HARA”という言葉は、日本人である私たちには馴染み深いものです。しかし、それを生気の源として捉えていた私たちの先祖は、本当にヨガの真髄に触れていたYogi/Yoginiたちだったと言えるのではないでしょうか。このコースは、そういった先祖の残してくれた大切な知恵を、もう一度しっかりと自分たちの中で統合させるためのものであったらと思いますし、ホルトヨガを次の段階へと発展させるためのアドバンス的プログラムであるとも思っています。今後、このコースは国内だけでなく、海外、特にノサラやクリパルにおいてもシェアできたらと願っています。そしてまた、このプログラムが日本中のアドバンスレベルのYogi/Yoginiたちとも繋がれる架け橋となってくれたら、という細やかな希望さえも湧いてきています。

スケジュール:
2014年8月31日(日)~9月6日(土)コスタリカ、ノサラアシュラム
2014年09月23日(祝)仙台スタジオ、2014年10月13日(祝)東北地方
2014年11月03日(祝)金沢スタジオ
2014年11月23日(日)岡山県
2014年11月24日(祝)広島県
2014年11月30日(日)四国(高知県)
2014年12月23日(祝)九州 (鹿児島県)
2014年12月28日(日)沖縄県、2014年12月31日(大晦日)奄美大島
注)講師の都合で変更される場合もあるかと思いますが、その時はご了承ください。

インストラクター情報

講師 電子メール オフィスの場所と営業時間
ロビンソン・ミラ(尚子) mira-jon-dan478552@docomo.ne.jpholtyoga-akasaka100408@ezweb.ne.jp 〒107-0052、東京都港区赤坂1-4-4冨士野ビル2F, 10:00~18:00

プロフィール

E-RYT500, ホリスティック・ヘルス・ライフ・トレーニング(略してHOLT)をヨガと捉えたオリジナルメソッドのヨガを提唱。国内外指導歴40年。アロマテラピスト。ペレランドラーフラワーエッセンス療法指導者。ACHS認定自然療法士。

対象:ホルトヨガ YTT200卒業生

このプログラムは、各地のホルトヨガ・スタジオにて9月20日以降受講可能です

各地での詳しいスケジュールは、HPトップページの「ロビンソンのスケジュール」より確認できます。

受講時間数はRYT500に向けて積み上げることができます。但し、正規ではPranassage, SAYの修得を優先します。

2015年以降はそれらのプログラムすべてがノサラアシュラムで受講可能となります。

 

コース必須の資料

Perelandra発行、Machaelle S. Wright著 「Co-Creative Science」
Healing Arts Press 発行、Don Stapleton, Ph. D著 「Self-Awakening Yoga」
Angel Press 発行、Mira Robinson 著 「ペレランドラが贈る微生物のためのフラワーエッセンス」

オプションの資料

青鴎社発行、 迫 登茂子 著 「神のささやき」

必須テキスト

“HARA-GENICS“ マニュアル

ホルトヨガ ティーチャートレーニング(YTT200)マニュアル

追加情報とリソース

2014年8月31日~9月6日の“HARA-GENICS”プログラム受講に関しては、6月中に各地のスタジオで説明会を開きますが、海外での研修となりますので受講料の他に渡航費、宿泊/食費等がかかります。そして、既に受講を決めていらっしゃるという方は早急に航空券の手配/確保をお勧めしたいので、ロビンソンまでご一報ください。

 

~おしらせ~

ホルト・ヨガ・インスティテュート新潟校は、

6月より阿賀野市出湯温泉郷内に移転します。

移転後も、鳥屋野スタジオでのクラスを

新しい場所で引続き行っていく予定ですので、

ご質問のある方は090-8149-1370へお問い合わせください。

 

どうぞよろしくお願いします。

お問い合わせ・ご予約について

現在、新潟校HP内、「お問い合わせ・ご予約」フォームがご利用できない

状況になっており、みなさまには大変ご迷惑をおかけしております。

メールでのお問い合わせ・ご予約につきましては

e-mail:holtyoganiigata@gmail.com

で対応させていただきますので、復旧までの間、どうぞよろしくお願いいたします。

S.O.E.L.(Samira Overseas Experiential Learning:サミラ海外体験研修) ニュースNo.4

2014年に入って、いよいよコスタリカでのSOELメニューがスタートします

先ずは3月30日(日)~4月12日(土)の“Inner Quest” プログラムですが、既に12名の参加者を募ることができました。今年1月にリニューアル・オープンしたノサラ・ヨガ・アシュラムでの体験学習に参加される皆さんは、目下その下調べ授業に頑張っています。

また、アメリカでクリスマスとお正月を過ごされ、先月無事に帰国された金沢事務局の石野由希子さんは、共に行動していたダンさんは勿論のこと、2~3回のSkypeでお話をした私自身が驚いたほど語学力をレベルアップされました!

フォールズ・ヴィレッジ宅と、クリパル・ヨガセンター、ニューヨーク市街などを拠点にご自分のヨガ体験、そして語学力を高めることに興味のある方は是非とも石野由希子さんへご相談ください。

そして、私も帰国後21年が過ぎ、その間に、自分の祖国である日本の特徴とも言える“倭/和の姿勢/こころ”が何故かヨガにも通ずるところがあると感じて興味を持ちながら、それを私流のヨガとして研究していましたが、今年はその成果を国外のヨガ人達の前で発表することにしました。

プログラムのタイトルは、「Dancing in the HARA of the Rising Sun」で二部構成となっています。各々の期間は1週間、各期間中に50時間を修得します。

第一部の内容は、日本の土地柄がいかに高次元の(又は神聖な)エネルギーのサンクチュアリー(慰安場所)に適しているかということ、それによって神道が生まれ、豊かな自然と調和して生きる和のこころを育んだということについて、言霊マントラ、祝詞、和歌などを体験することで、内側からチャクラの活性化というかたちで実感していただきます。

第二部は、伝統的な精神の修行として受け継がれてきた合気道などの、気/プラーナを基本とした体の使い方、そして腹パワーを体感するための呼吸法、そして日本独特の発酵食品を介して微生物の持つ自然調和の世界へと視点を広げながら、最終的には全てが自分の意識によって変化し得るということを実体験していただきます。

使われる用語は英語ですが、日本人であれば素地があるのでさほど問題は起こらないと思います。それにも増して、多様な国籍、文化圏のヨガ人たちと共に学び合える機会を得ることは、将来の地球民にとってとても大切なことだと考えます。

どうぞ少しでも興味が湧くようでしたら、お気軽にSOEL説明会へご予約ください。

(1)   ロビンソンのプログラム期間:
第一部:2014年08月31日(日)~09月06日(土) 1週間50時間修得
第二部:2014年09月07日(日)~09月13日(日) 1週間50時間修得

★  渡航費用:航空券代(日本~コスタリカ往復)
現地(サンホセ)の宿泊費(前泊、後泊など)
ノサラ・アシュラムまでの送迎バス代とドライバーへのチップ代
アシュラムの宿泊費(基本的に、3~4人相部屋、共同浴場)
アシュラムの2食付き食費(基本的に、ベジテリアンミール)
受講費、マニュアル代
期間中の課外学習費(希望者のみ)
通信費(準備期間中、日本~コスタリカ間)

これ以外の費用としては、日本発着時の空港アクセスにかかる交通費、旅行保険代、又個人的費用等が考えられます。
実際にかかる経費については、説明会でご相談いただければ幸いです。

(2)オリエンテーション/説明会:
受講に興味のある方は、「SOELニュース第3号」のスケジュールに従ってご予約ください。

(3)お申込み方法:
各スタジオの担当者へお問い合わせいただくか、又は、直接ロビンソンまでご連絡ください。

holtkanazawa@gmail.com;080-5707-8300(金沢)
holtyoganiigata@gmail.com;090-8149-1370(新潟)
info@holtyoga-sendai.com;090-9672-6682(仙台)
mira-jon-dan478552@docomo.ne.jp;080-1186-3773(ロビンソン)

~ S.O.E.L.(サミラ海外体験研修)ニュースNo.3(H.26.0.14)~

ホルトの皆さん、今年はSOELプログラムを充実させるために力を注ぎますので、興味のある方は、どうぞ参加をご検討ください

(1)2014年度のサミラ海外体験研修(S.O.E.L.)は、3月の“Inner Quest” と、ロビンソンのプログラム“Dancing in the HARA of the Rising Sun” に参加する目的で実行されます。既に、“Inner Quest” 研修のSOELプログラムは、12名の参加者を募ることができまして、ほぼ受付を完了いたしました。

(2)次に、SOELプログラムとしてロビンソンが初めてノサラで提供する“Dancing In the HARA of the Rising Sun” についてご案内します。使用する言葉は英語ですが、日本の方には十分理解できる内容だと思いますし、語学上達の機会にもなると考えます。

(3)研修期間:
① 2014年03月28日(金)~04月14日(月)
② 2014年08月29日(金)~09月15日(月)

(4)オリエンテーション/説明会のスケジュール(予約が必要):
① 東京、赤坂スタジオ:毎月のアドバンスクラスで行いますが、時間は11~18時の間で予約制となります。

② 新潟、鳥屋野潟スタジオ:毎月の土日クラス終了後に予約制で行いますが、時間はお問い合わせの上ご予約ください。

③ 仙台、本町スタジオ:毎月のYTT/アドバンスのクラス内で行いますので、興味のある方はご予約ください。

④ 金沢、神田スタジオ:毎月のYTTレッスン終了後に行う予定でいますので、興味のある方は時間をお問い合わせの上、ご参加ください。

★参加費:YTTとして加算する場合は所定の受講料。加算されない場合は、1,300円。

★予約受付:各スタジオの担当者、又はロビンソン(080-1186-3773)へご連絡ください。

~S.O.E.L.(サミラ海外体験研修) ニュース No.2(H.25.11.01)~

(1)2014年度、サミラ海外体験研修(S.O.E.L.)のメニューです。

① 2014年3月28日(金)~4月14日(月)、

② 2014年8月29日(金)~9月15日(月)の二度に渡り、

中米コスタリカ所在ホルト海外本部、ノサラ・ヨガ・アシュラムへ研修旅行を計画しました。

研修場となる、ノサラ・ヨガ・アシュラムはこれまでノサラ・ヨガ・インスティテュートとして知られていましたが、一昨年より宿泊施設等を増築する計画を進めており、来年2014年1月の完成を期に、アシュラムと改名してリニューアルオープンを予定しています。

宿泊施設に加えトレーニングの場も増える結果、これまで以上に多種多様の内容が提供可能となり、私もノサラ・ヨガ・アシュラム海外講師の一人として来年より独自のプログラムを提供することになりましたので、お知らせします。

 

(2)上記 ① の期間はDon & Amba Stapleton博士によるヨガ・アライアンス認定500

時間を目指す方へプログラム、“Inner Quest”を受講するための研修旅行です。

ティーチャートレーニング200時間を終了後、プラナサージ100時間、セルフ・アウェ

ークニング・ヨガ100時間などのプログラムを修得されて300時間以上を積まれた方は

是非この機会に500時間への進路を検討されるようお薦めします。

また、ノサラ・ヨガのT.T. 200時間を修得後、まだ累積時間数が300に満たない方で

あっても、このプログラムの受講を希望されるようであれば、是非ご相談ください。

 

(3)上記 ② の期間は、ホルト・ヨガ・インスティテュート代表の 尚子(ミラ)・ロビンソンが新しく開発した海外向けプログラム“Dancing in the HARA of the Rising Sun”(In English)と、“Own Your Own HARA-Power”(In Japanese)を体験するための研修旅行です。英語版は主に西洋人を、日本語版は主に日本人を対象として作られていて、各プログラムの期間は7日、修得時間数は50時間ですが、希望者はどちらも受講が可能です。

 

(4)オリエンテーション/説明会のスケジュール(予約が必要):

① 東京、赤坂スタジオ:12月7日(土)11~12時;18~19時

② 新潟、鳥屋野潟スタジオ:12月14日(土)18~20時;12月21日(土)18~20時

③ 仙台、本町ビルスタジオ:12月8日(日)20~22時;12月22日(日)8~9時半

④ 金沢、神田スタジオ:12月23日(祝)18:00~20:00;12月01日(日)18~20時

⑤ 大阪、西中島スタジオ:12月26日(木)18~20時;12月28日(土)10~11時

 

★費用:YTTとして加算する場合は、所定の受講料。加算しない場合は、1回1,300円。

★予約受付:各スタジオの担当者、又はロビンソン(080-1186-3773)へご連絡ください。

★ S.O.E.L.(Samira Overseas Experiential Learning:サミラ海外体験研修)

来年(2014年)より本格的に「海外体験研修プログラム」が再開されます!

ホルトヨガ・インスティテュートの親会社サミラは、過去8年間(1998~2006)、石川県白山麓尾口村の中学生を対象に、カナダ・北米海外研修プログラムを毎年、地域行政の委託を受けて実行しました。当社はまた、1996年から携ってきた地域の英語教育指導を、白山市との合併後も引き続き行っていますが、一昨年より、息子ジョナサン(幸介)が全面的に白山麓小中学校の英語教育を担当することになり、私たち(ダンとミラ)は代わりにS.O.E.L.に力を入れて行こうと張り切っています!他にも公的な海外研修では、白山麓尾口ハーブの里ミントレイノ建設にあたり、石川県をはじめ地域の関係者から成る視察団と共に、アメリカ、イギリス、フランスへ引率/通訳の旅をした経験もあります。民間対象の研修プログラムとしては、これまで主に北米東部クリパルセンター、南部ペレランドラ自然研究センター、スコットランドのフィンドホーン共同体、中米コスタリカのノサラヨガ・インスティテュートで体験学習することが多く、その特徴は、サミラ社が北米コネチカット州のフォールズ・ヴィレッジに持つ拠点を利用した、現地でのホームステイにあると思います。参加者はヨガ、ナチュラルライフ、語学研修、文化交流などのさまざまな要素を織りこんだ、独自の滞在プログラムを手作りすることができるということです。

詳しい内容については、今後HP上に載る予定の「S.O.E.L.ニュース」をご覧ください。

ホルトヨガ・アドバンスカリキュラムのご案内

ホルトヨガはミラ・(尚子)ロビンソンが独自に開発したメソッドですが、下地になっている基本概念はドン・ステイプルトン博士のセルフ・アウェークニング・ヨガと、アンバ・ステイプルトン女史のグラウンディング・フローに共通のものです。

今回はホルトの基礎段階(YA認定200時間T.T.)を修了された方を対象のアドバンスレベルのカリキュラムをお知らせします。内容としては今までのアドバンスで主に提供してきたプラナサージを基本技術に据えながらも、技術にはあまり頼らずエネルギーとしてのプラーナを直接的に体感していただくものです。技術が大切であることには変わりないのですが、それがかえって肉体上に緊張感を生みだしてしまわないように、マインドの働きをプラナヤマでコントロールし、同時にスピリットがボディの原動力となるようなプログラムを組みました。具体的には重力を生かしたからだの動き、チャクラ・バランシングに効果的なプラナヤマとバンダの組み合わせ、そして肉体を電流組織として捉えるペレランドラの共創科学の理念に基づく瞑想法がカリキュラムの内容です。

それを生みだした直接のきっかけは、一昨年の震災直後にミラ本人がコスタリカで受講したYA認定1000時間プログラム“Inner Quest”ですが、それ以来徐々に内側の覚醒段階が進み、その結果として昨年度は自己の成果を「ヨガダンス」と「MAP」と題して主に新潟と仙台スタジオで提供しました。今年は特に一期生を対象に東京や大阪、そして金沢でもこのアドバンス・カリキュラムを指導してゆきたいと思いますので、各スタジオのスケジュールに従って予約していただけると幸いです。原則予約制とし、内容的に2人未満の受講では効果的に指導することが難しいので、その場合はご希望に添うことができませんのでご了承ください。
★受講料: 1時間2,500円+運営費300円
★お問い合わせ:赤坂スタジオ、大阪スタジオはロビンソン:080-1186-3773
金沢スタジオは石野由希子:080-5707-8300; ytt-kanazawa@ezweb.ne.jp
仙台スタジオは大友真妃:090-9672-6682; info@holtyoga-senndai.com
新潟スタジオは伊藤裕美:090-8149-1370; holtyoganiigata@gmail.com