S.A.Y. & YTT合宿In U.S.A. ~ 冬期合宿INアメリカ ~

来たる2017年の初めに、アメリカの尚子先生のホームグラウンドにて、合宿を希望している方がいることもあり、尚子先生が、ホルト生の皆さんに、一緒にプラナサージやSAY、YTTのプログラムを更に深めるための冬期合宿を提案してくださいました!!
1人でも多くのホルト生が参加することが出来ることを願います!!

日程などは、↓↓↓のリンクからご覧ください!

こちらが、尚子先生からのお知らせ原文です>>

詳細は、各事務局までお問い合わせください!

ホルト金沢本部事務局 080-5707-8300 holtkanazawa@gmail.com
ホルト東京事務局 holtyoga-akasaka100408@ezweb.ne.jp
ホルト大阪事務局 holtyogaosaka@gmail.com
新潟ホルト事務局 holtyoga-niigata2011@ezweb.ne.jp
ホルト仙台事務局 info@holtyoga-sendai.com

 

10月30日土曜日 ホルトヨガと自己を見つめる調和の空手の真義館とのコラボレーションイベント実施決定!!

-純粋なる本当の自分(愛)になるのに年齢性別は関係ない-

ヨガとは内なる自分の中に生来具わっている本当の自分に気づくための学びです。そして、自分自身を受け容れ愛することです。

空手の根源は愛であるという信念に基づき、武道を通じて心と身体の調和のとれた人間形成を目指す真義館とのコラボレーションが実現しました。

老若男女、運動能力を問わない活人術を体験してみませんか?

-※『東西の架け橋となるヨガ路』-

長年ホルトヨガ主宰のロビンソン尚子先生が探求してきたのは東西の架け橋となるヨガ路でした。
この春に出会った「真義館空手道」はまさしくそのインスピレーションを満たすものでした。
真義館のホームページはコチラ

長年ご縁のある風雲舎より紹介された一冊の本「右脳の空手」にピンと来るものを感じたロビンソン尚子先生は、その著者である大坪英臣氏が道場長をされている「真義館空手」の総本部直轄東京道場に導かれるままに入門しました。

そして、見えない力で引き合うように、その二つの道は同じ方向へと延びているようで、7月にはついにその東京道場がホルトヨガ東京の赤坂スタジオに移転してきたのです。
ホルトヨガと真義館の融合(コラボレーション)はとどまるところを知らず、このたび、ホルトヨガの本拠地であるホルト金沢にてはじめてのコラボレーションイベントが実施されることが決まりました。

ヨガを通して日本の大きな和(シャンティー)の心を世界へと広めることを真に目指しているホルトが、自己を見つめる調和の空手であり真の大和の魂を育む真義館の空手道と出会い融合するという流れはとても自然なことでしょう。

総本山の麻山館長が自ら演武をご披露されるのは、真義館の中でもとても貴重な機会だそうです。一人でも多くの方々にこの一期一会を体験していただきたいと思います。

イベントの詳細はこちらのチラシPDFをご覧ください。

http://www.holt.jp/flyer/160824_shingikan1030.pdf

お申し込みは ホルトヨガインターナショナル 金沢事務局
Tel : 080-5707-8300
holtkanazawa@gmail.com (担当:石野 大野)

新潟ホルトの「夏バテ防止ヨガ体験」へようこそ!

~ ヨガをこころの豊かさとして捉える新しい感覚のヨガ体験をしてみませんか ~

日時:平成28年7月18日(祝、月);11:00(10:30開場)~18:00

場所:新潟県阿賀野市、出湯温泉郷「華報寺」

対象:ホルトヨガ卒業生、在校生ならびに各地のホルトレギュラークラスの受講生、そしてヨガに興味のある方、在宅で介護をなさっている方など、何方でも

参加費:

午前の部(11:00~12:30)1,500円、午後の部(1)(13:00~15:00)3,000円

午後の部(2)(15:00~17:00)3,000円、交流会(17:00~18:00)1,000円

注1)午後の部(1)と(2)を通して参加された場合の参加費は5,000円

注2)終了後、17:00~18:00までは交流会となります

特にホルトヨガ、ロビンソンのヨガライフなどに興味のある方は是非ご参加ください。生のハーブティと手作りのスナックが付きます!

注3)当日は動きやすい服装でお出でください。汗拭きタオルと飲み水もご用意ください

体験プログラム:

健康とは、健やかなからだと健やかなこころとが結びついて初めて完成する最高の幸せ感であり、それはまた、自分を本当に信じられる深い安心感でもあるのです。

ホルトヨガは、その誰もが願う深い安心感を目標に今日まで様々な体験プログラムを提供し続けてきました。

今回の内容は、特に「プラナサージ」と呼ばれる二人一組のヨガ体験を通して、家族や友人、仕事仲間が互いにからだを動かし合う交流の場を持つことの大切さを味わっていただくためのものです。

この体験に必要なのはヨガの知識やからだの特別な動かし方ではありません。

つまり、それは左脳の働きではなく子どもの頃によく使っていた右脳の働きなのです。

これから益々暑さも増してくる季節をいかに涼しく、軽やかに過ごせるか・・・、この体験を通して実感してみて頂きたいと思います。

現在すでに通院されていたり、在宅療養や介護に支援を得たり、また与えたりしている方々にも、ヨガは医療行為ではありませんが、意外と身近なところにヒントがあるということに気づいて頂けることを願っております。

そして、このホルトヨガについてもっと詳しく知りたいと思われる方は、体験会終了後の交流会で質問されてください。実際に長年指導され、実践されてきている方たちの体験談に耳を傾ける機会でもありますので、楽しみにしていてください。

お問合せ:新潟ホルト事務局 片桐美香090-8149-1370 holtyoga-niigata2011@ezweb.ne.jp

ホルトヨガのシンボルは「空飛ぶカメ」!

ホルト卒業生、在校生ならびに各地のホルトレギュラークラス受講生のみなさまへ

何故、ホルトヨガは「空飛ぶカメ」をシンボルにしたのでしょう・・・

きっかけはイラク戦争に反対する青少年たちが製作した映画のタイトルを観てのことでしたが、そこからのメッセージは・・・

「カメも空を飛ぶんだよ~!」

そして、先月から更に解ってきたことは、「空」を「SKY」と捉えるのと同時に「SPACE」としても捉えることの大切さです。3年ほど前に出会った保江邦夫理論物理学者の「愛魂:あいき」道においても、保江氏はよくスペース(空間)を大切にすること、見えない空間を味方にすると良いことがありますよ・・・と指導されています。

実は、先月から私は「真義館空手」東京道場に入門しました。

東京道場長は、東大名誉教授の大坪英臣氏で、毎月のように出版社「風雲舎」より送られてきた大坪氏の著書「右脳の空手」がそのご縁を結んでくださったと思っています。

さらに先月27日(日)には、「全国真義館空手道場」の館長、麻山慎吾氏に面会する機会を頂きました。

お写真で拝見するより数段も意識の高さを感じさせるご本人でしたが、当日は黒帯の道場生のみのお稽古であったにもかかわらず、私の様な全くの素人にも優しくお相手をしてくださったとき、麻山館長の周囲に広がるスペースの大きさを直に体感することができたと思っています。

これらの体験から私が勝手に創造した「愛」の方程式は・・・

「空手=空っぽの手、即ちEmpty Hands=Pranassasge

これまでもホルトは、Amba Flowのサブタイトルとしても載っている「呼吸の波」と「重力の作用」に体を任せる動きをヨガとして指導してきましたが、実は、私の直接の師匠であったYogi Amrit Desai博士(クリパルヨガの創立者)の言葉、「日本には既にヨガの息が流れている」(1990年に来日し、通訳の私と皇居周辺を歩きながら仰られた言葉)を今もなお忘れることはできません。

そうして、先月麻山館長に直接お会いして、日本の伝統的な空手の中でも、この「真義館空手」は本当に日本の大和(大きな和)を育む空手道ではないかと思いはじめました。

ヨガも「シャンティー(和)」のこころを強調しますから、ホルトの目指すヨガがより大和のこころを育むヨガに近づくことを願って、私自らその空手道を歩んでみたいと思いました。

実際に、今月末より東京のホルト赤坂スタジオにて「真義館空手」東京道場が開設されることになりました。

詳細については、直接ロビンソンへお尋ねいただくか、近日中にHPにも記載するのでご覧ください。

平成28年GW期間の合宿のお知らせ

対象者:

ホルトの在校/卒業生さま
ホルト以外のヨガスクール受講生さま
ヨガ以外の健康法を学んでいる一般の皆さま
期間:

(1)平成28年4月29日(金、祝)~5月1日(日)の2泊3日
開始時間は4月29日の14:00ですが、なるべく早めに着かれてください。
解散時間は5月1日の15:00を予定していますが、変更は可能です。

(2)平成28年5月3日(火、祝)~5月5日(木、祝)の2泊3日
開始時間は5月3日の14:00ですが、なるべく早めに着かれてください。
解散時間は5月5日の15:00を予定していますが、変更は可能です。

(3)平成28年5月7日(土)~8日(日)の1泊2日
開始時間は5月7日の14:00ですが、なるべく早めに着かれてください。
解散時間は5月8日の15:00を予定していますが、変更は可能です。

 

場所:福井県勝山市芳野170号142-2、「空のテラス~空飛ぶカメの楽園」

ホルトスクール主宰のロビンソン・尚子が、日本初のペレランドラガーデンを
指導した場所で、今は精霊と共に小松有子さんが耕し続けています。
ガーデンの敷地内に建てられたバンガローに宿泊しますが、ワークは施設内
の「小松亭」を使用します。

 

プログラムの内容:

今年のテーマは「宇宙意識に還る」です。

そのプロセスを確実にするための瞑想、呼吸法とチャクラの活性化を図るムーヴメントを中心にトレーニングをしますが、その他にフラワーエッセンス作りや、発酵食品を取り入れたメニューの作り方、また、報恩寺山へ軽い登山、そして霊峰白山を開山した泰澄が女神と出会ったと伝えられている平泉寺のお池を訪ねます。

 

(1)と(2)のプログラムはほぼ同じ内容となりますが、(3)は短縮された内容です。

例1)1日間のスケジュール

6:00 起床
6:30~8:00  ガーデン内で瞑想と呼吸によるチャクラ活性化の体験
8:30~9:30  朝食
10:00~12:30 報恩寺へ登山、頂上で瞑想
13:00~13:30 軽食
14:00~16:00 自然霊とチューニングする言霊を唱和しながら下山
17:00~18:00 夕食
18:30~20:00 お金というエネルギーを正しく理解するワーク
20:30~21:30 瞑想と就寝前のムーヴメント

22:00~

 

例2)1日間のスケジュール

6:00 起床
6:30~8:00  ガーデン内の精霊にチューニングしたヨガムーヴメント
8:30~9:30  朝食
10:00~12:30 平泉寺へ、白山の女神発祥の池で瞑想
13:00~14:00 奥の院へ、軽食
14:30~16:30 帰路は無言/吐納法トレーニング
17:00~18:00 夕食
18:30~20:00 宇宙意識へ還るためのトレーニング
20:30~21:30 就寝前のプラーナムーヴメント

22:00~

例3)半日間のスケジュール

6:00     起床
6:30~8:00  フラワーエッセンス作り
8:30~9:30  朝食
10:00~13:00 総まとめ、質疑応答
13:30~14:30 軽食(又はお弁当)
15:00~    解散
例4)半日間のスケジュール

12:30~13:30 受付、その後軽食
14:00~17:00 チャクラ活性化の呼吸法、瞑想とムーヴメント
17:30~18:30 夕食
19:00~20:30 「宇宙意識へ還る」又は、「マネーというエネルギーを理解する」
21:00~22:00 就寝前のサッツァンガ(集い)

22:30~

参加費:

宿泊費    1泊3,500円(光熱費、ワーク施設の使用料を含む)

食費     3食2,000円、2食1,500円

プログラム費 2泊3日のワーク 38,000円

1泊2日のワーク 20,000円

材料費    フラワーエッセンス作り 1,000円

 

注意事項:朝晩は冷えると思いますので、上着をお持ちください。
お風呂は近くの温泉を利用しますが、入浴料が500円ほどかかります。
アウトドアのワークが多々ありますから、虫よけをお持ちください。
登山に適した靴の用意もお願いします。

アレルギー反応の出る食品が分かっている方は、事前にお知らせください。
常備薬をお持ちの方は事前にお知らせください。

現在身体的な不都合を自覚している方は、事前にお知らせください。

ヨガの体験が全く無い方でも参加することは出来ますが、差し支えなければ事
前にお知らせください。

ホルトヨガ以外のスクールで学ばれている方は、差し支えなければ何年くらい
通われているかをお知らせください。

このワークに参加するきっかけは何だったのでしょうか。差し支えなければお
知らせください。

申込み方法:金沢ホルト事務局、担当石野由希子

Tel & E-mail: 080-5707-8300

holtkanazawa@gmail.com 又は ytt-kanazawa@ezweb.ne.jp

各期間の締切日を(1)4月18日(月)、(2)4月20日(水)、(3)4月25日(月)とします。但し、以下に記載の口座へお振込み頂いた時点で申込みの受付を完了させて頂きますので、お間違えの無いようよろしくお願いします。

お振込み先:株式会社 サミラ、ゆうちょ銀行普通口座:番号14353471、記号13190

2015年11月17日(火)-23日(月) シャンティ(平和) ツアー IN コスタリカ

シャンティ(平和)ツアー IN コスタリカ

☆意図:世界の国々が地球を中心に統一されることを願って設立された国際連合(通称「国連」)で、およそ40年間を事務次官として世界平和に寄与なさった故ロバート・ミューラー博士の功績を讃えるとともに、新しい地球民(グローバル・シチズン)を産み出す教育機関として彼がコスタリカに設立した「平和の大学」(University For Peace)へ「和の心」を届けるために企画いたします

☆期間:平成27年11月17日(火)-11月23日(月)(帰国日は翌24日)

☆費用:223,000円(但し、航空券購入時期によっては価格の変動があります

☆内容:

(1)国連大学訪問と懇親会

(2)“ブルーゾーン”で知られるノサラ、コスタリカの自然を観光

◎ 今回のツアーでは、「神のささやき」著者の迫登茂子先生と

   「麹のちから!」著者の山元正博博士が特別ゲストとして参加されます

☆締め切り:定員20名になり次第締め切らせて頂きます

☆旅程(暫定):

①17日(火)夕方、成田空港より出立

②同17日夜、コスタリカ着(サンタマリア国際空港)、周辺のホテル泊

③翌18日午前中、小1時間のドライブ後「国連大学」を訪問します

学生食堂で簡単な昼食後、敷地内見学と交流/懇談会

訪問終了後、太平洋に面した観光地「Punta Leona Beach Resort」へ移動します

(約3時間のドライブ)18日と19日は、このリゾートで2泊します

④19日早朝~日没、 遊覧船に乗り、コスタリカの美しい自然を観光します

⑤20日午前中、 日本の沖縄同様、長命条件を満たす「ブルーゾーン」に指定さ

れたニコヤ半島へ(約4時間のドライブ)  半島内のホテルで1泊

⑥21日午前中、半島内のリトリートとして有名なノサラへ(約1間半のドライ

ブ)、施設見学/周辺観光の後、リトリート泊。

⑦22日午前中、地域の人たちと交流/懇談会

同日午後、サンホセへ(約4時間のドライブ)、空港のホテル泊

⑧23日朝、サンタマリア国際空港発の便で帰路、その日は機内泊

⑨24日(火)夜、羽田国際空港着

 

☆お問合せ先:(株)サミラ、ロビンソン・尚子(代表取締役)

携帯メール/電話:mira-jon-dan478552@docomo.ne.jp;080-1186-3773

Re-building Camp in Falls Village:自己再構築のプログラムINアメリカ

北米の中でも特に環境が整っていると言われるコネチカット州、北西部にある“フォールズ・ヴィレッジ(「滝の村」)”は、私の第二の故郷です。スーパーも建たないほど小さな村ですが、雄大な滝と一等級河川のフーサトニック・リヴァーが流れています。実は、この原稿を書いている今、私はその滝の村に滞在しながら日本とは全く別世界のゆったりした環境で新しい年を迎えようとしています。25年余りをアメリカで過ごした私ですが、今さらながら今回ほどこの環境が如何に自分を再構築する上で理想であるかを心底から確信できた時はありませんでした。来年は是非とも皆さんにこの「滝の村」へ来ていただいて、雄大な自然を舞台に新たなトレーニングを体験していただきたいと思います。

期間:
①2015年7月18日(土)~20日(月、祝)
②2015年7月24日(金)~26日(日)
③2015年7月31日(金)~8月2日(日)
④2015年8月07日(金)~9日(日)
⑤2015年8月14日(金)~16日(日)

内容:
1.オステオパシー(整骨療法)医師、Dr. Cliff H. Robertson著
“The Health Explosion(健康の破裂)” を参考にデトックス法を学びます。

2.体内(特に腸内)のデトックスに効果的な半断食やロー・フードの体験。

3.吐納法(気功の呼吸)、整骨(アライメント)を促すムーヴメント(私のオリジナルトレーニング)や柔術法筋肉トレーニングの体験。

4.滝の水で禊(みそぎ)を体験。

5.自然のバランスを壊さないガーデニング法の体験。

費用:  81,000円

1. 上記5期間のいずれのトレーニングにも、4泊5日の宿泊費、3日間の朝、昼と夕食(但し、開始前日の夕食と終了翌日の朝食はオプション)、トレーニング中の必需品(マニュアル、デトックス用ハーブ等)は含まれます。しかし、渡米往復航空券、現地空港と宿泊場間の送迎、その他の個人的な費用は含まれませんのでお気をつけください。(送迎についてはお気軽にご相談ください。)

2. 上記5期間の内のいずれかを選び、あとはご自分のスケジュールに合わせて宿泊日数と滞在期間を決められてからお申込みください。締切日やキャンセル料等の説明は、お申込みの時にご説明いたします。

申込み方法:金沢事務局担当者(石野 由希子)へメール又は電話でお申込みください。holtkanazawa@gmail.com.; ytt-kanazawa@ezweb.ne.jp; 080-5707-8300

Re-building Camp in Falls Village:自己再構築のプログラムINアメリカ

北米の中でも特に環境が整っていると言われるコネチカット州、北西部にある“フォールズ・ヴィレッジ(「滝の村」)”は、私の第二の故郷です。スーパーも建たないほど小さな村ですが、雄大な滝と一等級河川のフーサトニック・リヴァーが流れています。実は、この原稿を書いている今、私はその滝の村に滞在しながら日本とは全く別世界のゆったりした環境で新しい年を迎えようとしています。25年余りをアメリカで過ごした私ですが、今さらながら今回ほどこの環境が如何に自分を再構築する上で理想であるかを心底から確信できた時はありませんでした。来年は是非とも皆さんにこの「滝の村」へ来ていただいて、雄大な自然を舞台に新たなトレーニングを体験していただきたいと思います。

期間:
①2015年7月18日(土)~20日(月、祝)
②2015年7月24日(金)~26日(日)
③2015年7月31日(金)~8月2日(日)
④2015年8月07日(金)~9日(日)
⑤2015年8月14日(金)~16日(日)

内容:
1.オステオパシー(整骨療法)医師、Dr. Cliff H. Robertson著
“The Health Explosion(健康の破裂)” を参考にデトックス法を学びます。

2.体内(特に腸内)のデトックスに効果的な半断食やロー・フードの体験。

3.吐納法(気功の呼吸)、整骨(アライメント)を促すムーヴメント(私のオリジナルトレーニング)や柔術法筋肉トレーニングの体験。

4.滝の水で禊(みそぎ)を体験。

5.自然のバランスを壊さないガーデニング法の体験。

費用:  81,000円

1. 上記5期間のいずれのトレーニングにも、4泊5日の宿泊費、3日間の朝、昼と夕食(但し、開始前日の夕食と終了翌日の朝食はオプション)、トレーニング中の必需品(マニュアル、デトックス用ハーブ等)は含まれます。しかし、渡米往復航空券、現地空港と宿泊場間の送迎、その他の個人的な費用は含まれませんのでお気をつけください。(送迎についてはお気軽にご相談ください。)

2. 上記5期間の内のいずれかを選び、あとはご自分のスケジュールに合わせて宿泊日数と滞在期間を決められてからお申込みください。締切日やキャンセル料等の説明は、お申込みの時にご説明いたします。

申込み方法:金沢事務局担当者(石野 由希子)へメール又は電話でお申込みください。holtkanazawa@gmail.com.; ytt-kanazawa@ezweb.ne.jp; 080-5707-8300

Y.A. 規定のブラッシュアップ講習

面談と技術チェック:

ノサラ/ホルトヨガ・インスティテュートは、米国ヨガアライアンスの規定に準じた指定校としてヨガの指導者を養成するところです

日本支部としてノサラを支えてきたホルトは、昨年五月に第五期生を送り出してからは、その歩みを振り返る時期を迎えております

入学時に提出していただいた書類の中に「同意書」と書いたものがありましたが、それは「全米ヨガアライアンス認定IDヨガRYT200」を受理することへの責務に基づいて作られています。内、幾つかの項目の中でも特に以下についてご注目ください:

★   技術レベル維持の為、IDヨガRYT200認定者は認定後6カ月から2年以内にブラッシュアップ講習(技術チェック、実践報告交流会)に参加しなければならない。参加しない場合は認定が取り消しとなり、再認定される為には再度認定コースを受講しなければならない

ホルトはこれまで上記の規定を知りながらも、卒業された個々人の自発的な行動をより重要視する方向で進んでまいりました。しかし、近年はヨガアライアンス協会の方針自体に大きな変化があり、またホルト自体も大きく変わる時期に差し掛かってきています。それは、これまでは実際にYA協会へ提出することが義務付けられていなかった証明(ブラッシュアップ講習と指導時間数の提示)を、そろそろなさる必要が出てきたということです。この要請は現にYAに登録していない卒業生の方でも、ご自分の母校であるノサラ/ホルトがYAの指定校である以上無視することはできません。世界共通のヨガの国際免許を頂いたことへの責務として、どうしても避けられないことかと思います。当然ですが、これが国内のヨガ協会免許であれば問題はないのかもしれません。(と言いましても、国内ヨガ協会でも定期的なブラッシュアップ講習は提供しているように聞いております)

そこで、皆さまに提案として以下の条件でブラッシュアップ講習(個人面談と技術チェックを含む)を要請いたします:

1.2013年に合宿へ参加されて卒業された方(第1~4期生)までを対象とします

2.講習期間は2015年以内とします。しかし、どうしても無理な方は個人的にそれを説明する文面をご用意ください

3.2015年5月合宿(石川県白山麓にて2~6日まで)、又は9月合宿(宮城県七ヶ浜にて19~23日まで)の期間内、あるいは、それ以外でも各地のホルトヨガ規定の場所で開かれる講習会へ参加することをお薦めします

4.必要時間数はだいたい個人面談と技術チェックの結果で決まりますが、個人的に異なる場合がありますのでご了承ください

 

最後に、あくまでもホルトは “自然と湧き出てくる「自発的な自己啓発と内観への路」をヨガとして捉える” ことをしてきましたから、このお知らせにひるむことなくご自分と向き合う良い機会として受け止めて頂けると幸いです。また、ご不明なことがありましたら、遠慮なくロビンソン(mira-jon-dan478552@docomo.ne.jp)まで直接、あるいは金沢事務局担当石野(holtkanazawa@gmail.com)までメールしていただければ幸いです

2015年度ホルトYTT合宿のご案内 ”YA 200”

ホルトYTTコース受講中の皆さま

立春を過ぎてもまだ肌寒い日が続いておりますが、幸い先月沖縄滞在中にお花見を体験することができまして、私の心中はもう既に春の訪れを感じております!

さて、ホルトはこれまでに ”YA200”のYTT合宿のほとんどを五月のGW期間中に行ってまいりました。唯一の例外としては、第一期生が9月の合宿を体験したと思います。

そういうことで、今回の第六期は時期も、場所的にもこれまでとは異なる環境を選んで実施されることになりますが、それにも何か特別な意味があるように感じております。

また、例年ですと本部からDon & Amba先生をお呼びして内容的にも国際的に実施されておりましたが、今回は日本支部代表のロビンソンが他のお二人分を担う気持ちで、内容的にも例年のレベルを維持し続けることに精一杯の力を注ぐつもりでおります。

この合宿は原則としてヨガアライアンス規定の200時間を修了するためのトレーニングですから、対象となる方は最低150時間の積み上げをお持ちであることが条件となります。しかし、今年9月まで(仙台YTTは計10回予定されています)に75時間を積み上げることを条件としてこの合宿参加をご検討いただけると幸いです。

今後の手続きでご不明なことなどがありましたら、遠慮なく仙台スタジオのイヴ先生、久子先生、そして金沢事務局の石野由希子さんへお尋ね頂ければと思います。

ホルトヨガ主宰  ロビンソン・尚子(Mira)

 

①    合宿期間:
2015年9月19日(土)~23日(水)、4泊5日

②    場所:宮城県宮城郡七ヶ浜町花渕浜字金色
月見岬ジレットハウス(仙台北教会研修所)
*  参加者人数によっては付近の「七ヶ浜国際村」の施設を併用するかもしれません。
*  仙台スタジオのイヴ先生が今回の施設確保を担当してくださったので、ご質問がありましたら直接お尋ねいただければ幸いです。

③    受講費:125,000円
*  スケジュールの時間数は合計52時間となりますが、50時間X 2,500円で計算いたしました。
*  この他に、宿泊費、食費、資料代、卒業証書代、交流会参加費などが加算されます。

④    内容とスケジュール:
9/19 (土)
12:00~13:30       チェックイン
13:30~15:00  オリエンテーション*
15:00~18:00  授業その1* ~“Who Am I?” ~
18:00~19:00  夕食
19:00~21:00  自由時間/創作時間**
21:00~      就寝

9/20(日)
6:00~ 8:00       授業その2* ~“Morning Meditational Movement”~
8:00~ 9:00       朝食/サイレント
9:00~12:00      授業その3* ~“Patanjali’s Yoga Sutras” ~
12:00~13:00  昼食/自由時間**
13:00~15:00  授業その4* ~ ”Cycle of Transformation “ ~
15:00~18:00  授業その5* ~ “Five Layers of the SELF “ ~
18:00~19:00  夕食
19:00~21:00     創作時間**
21:00~      就寝

9/21(月)
6:00~ 8:00           授業その6* ~ “Vinyasa Practice” ~
8:00~ 9:00           朝食/サイレント
9:00~12:00          授業その7* ~ “Bringing Awareness to Your Breath” ~
12:00~13:00   昼食/自由時間**
13:00~15:00        授業その6* ~ “How to Design Your Yoga Flow” ~
15:00~18:00        授業その7* ~ “Practice Teaching #1” ~
18:00~19:00   夕食
19:00~21:00        創作時間**
21:00~                 就寝

9/22(火)
6:00~ 8:00           授業その8* ~ “The Goal of Allignment in ID Yoga” ~
8:00~ 9:00      朝食/サイレント
9:00~12:00     授業その8* ~ “Technique for Teaching Postures” ~
12:00~13:00        昼食/自由時間**
13:00~15:00        授業その9* ~ “Practice Teaching #2” ~
15:00~18:00        授業その10* ~ “Guidelines For Leading Relaxation”~
18:00~19:00     夕食
19:00~21:00     創作時間**
21:00~                 就寝

9/23(水)
6:00~8:00          最終日の授業* ~ “プラーナ・サージ” ~
8:00~ 9:00      朝食/サイレント
9:00~12:30          最終日の発表会と総まとめ*
12:30~13:30        卒業式*
13:30~14:30   交流会
15:00~                 解散

⑤    受講費以外の合宿費用:
(1)宿泊費 大人一泊1,500円+お布団代600円、計2,100円

(2)食費
* 自炊の設備が整っているのですが、合宿中は最終日の交流会における食事を含めて全てをイヴ先生に担当して頂くつもりでおりますのでご期待ください

(3)資料代    1,500円

(4)卒業証書代  2,000円
*卒業証書に書いて欲しいお名前を漢字とローマ字の両方でご提示ください

(5)特別講師料  10,000円
*今回はホルトヨガのロビンソン・尚子(ミラ)が講師を務めますが、
それ以外にも、ダニエル先生が国際的な観点から参加/指導して下さいます

(6)運営費       3,000円~
*主に、七ヶ浜国際村の施設をお借りする場合に発生する賃貸料です